【シンポジウムのご案内】

◆◆◆第2回 統合医療シンポジウム 宮崎◆◆◆


2022年12月11日(火)
13:30開演( 13:00開場)16:30終了予定

*オンライン参加もございます

会場:Time-Lux(カフェレストラン待夢)
宮崎県宮崎市北方町越がケ迫6146 平和台公園レストハウス2階
【参加費用】
事前予約 2,000円/ 当日 2,500円
事前予約(中高生) 1,000円/当日(中高生)1,500円
【オンライン参加費用】
事前予約 1,000円/当日 1,500円
【主催】ひなたホリスティックチーム


お申し込みはコチラのURLよりお申込みください。
 
https://ws.formzu.net/dist/s830570556/
【お問合せ】ひなたホリスティックチーム
メール: hinata.holistic@gmail.com


寺子屋シャーラ長崎11月の講座案内


【ご報告】インド救済世話プロジェクト”
- 日本からインドへ- COVID-19救援ミッション
◎みなさまからいただきました寄付金についてご報告◎

〜日本とインドの強い絆を活かし、このCOVID-19禍の緊急事態を乗り切ろう!〜



この度は緊急インド救援ミッション「世話プロジェクト」にご賛同頂き、多大のご支援を賜りましたことに厚く御礼申し上げます。 お寄せいただいた寄附金は、下記のとおり活用させていただきましたのでご報告いたします。
===============================
寄附金総額 7,476,564円
===============================

寄附金は、3回に分けて、インド赤十字社と現地のNGO(Doctors for You)に送金され、 酸素濃縮器などの救援物資の調達を完了し、 6月中旬から8月末までの期間に、
インドの5州の11の医療機関に届けられました。

各納入先から救援物資の受け取りの確認と感謝の意を表するレターが届いております。

当初はインド赤十字社への救援物資の寄贈を基本としておりましたが、
6月15日の同社への第一弾の救援物資寄贈の後、第二弾の寄贈について先方に打診した結果、同社からの追加支援の要請がありませんでした。
当プロジェクトではその次善策として、 インドで救援活動を行っているNGOへの寄附による救援活動の継続を決め、 既に実績のあるNGO(Doctors for You)を協力者として指定し、 無事に活動を完遂することができました。

日本からの二回目の送金につきまして、 現地銀行での受け取り確認に時間を要したこともあり、 皆さまへのご報告が遅くなりましたこと、お詫び申し上げます。

以下の通り、同プロジェクトの全容と結果の報告をさせて頂きます。
当プロジェクトでは、透明性とトレーサビリティの確保に努めて参りました。
ここには全ての関連書類は添付しておりませんが、ご要望があれば提示させて頂きます。
また、何かご不明な点などがございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さいませ。

寄附金のご報告書.PDF
インドでの寄付の様子
(現地NGO法人 Doctors for Youからのレポート)

第一弾のご報告(以下も合わせてご参照くださいませ。)

皆様のお蔭をもちまして、6月15日に、第一弾の救援物資(酸素濃縮器15台)を無事にインド赤十字社に寄贈することができましたことをご報告させて頂きます。


当プロジェクトが発足しましたのは5月9日ですので、僅か37日で最初の救援物資を届けることができましたのは、このプロジェクトに賛同し、チームを率いて下さっているプロジェクトリーダーのヴィニート・ジェインさんとプラサード・バクレさん、そしてこのお二人のお力で総勢18名ものインドと日本のボランティアの皆さんの、誠心誠意の献身的な努力の賜物でございます。
皆さまの多大なるご支援に感謝申し上げます。

日本アーユルヴェーダ協会 理事長 上馬塲和夫
『ご支援をいただいた皆さまからのメッセージをご紹介』


【記事】新型コロナウイルス感染症を乗り越えるための 温故知新の智慧 (Wisdom from Back to the Future)
記事全文はこちらからダウンロードしてください。>>
簡易版「コロナウィルス対策:ヨーガやアーユルヴェーダがコロナ禍においてできること」はこちら>>

特定非営利活動法人 日本ーユルヴェーダ協会 理事長
一般社団法人日本アーユルヴェーダ学会 理事
日本未病プラン協会 理事
ハリウッド大学院大学 教授
医師・医学博士 上馬塲 和夫

日本アーユルヴェーダ協会とは

アーユルヴェーダは、悠久の歴史の経過の中で先哲たちに培われてきた健康法・生活法です。日本では1970年に研究会が設立され、その後、アーユルヴェーダ学会が発足。研究発表やシンポジウムが行われるようになりました。また、啓蒙活動も盛んに行われ、現在では、アーユルヴェーダは一般の方へも広く知られるようになりました。
  一方、医療が治療より予防や養生を重視する医療革命の時代に入り、世界的に伝統医学の見直しが叫ばれるようになっています。アーユルヴェーダは、その点で治療法のみならず養生法に重点を置いているため、新世代を担う医療体系と考えらます。
  日本アーユルヴェーダ協会は、日本国内でのアーユルヴェーダの普及の礎となった日本アーユルヴェーダ学会と協力し、皆様とともに信頼性の高いアーユルヴェーダを普及推進していくことを目的に設立されました。

特定非営利活動法人 日本ーユルヴェーダ協会

日本アーユルヴェーダ協会 事業内容について

日本アーユルヴェーダ協会事業内容 イメージ写真

協会事業内容

◆ 生命の科学アーユルヴェーダのコーディネーター認定

◆ 寺子屋シャーラの推進
◆ 商品認定制度の実施
◆ アーユルヴェーダサロン運営に必要な情報の提供
◆ アーユルヴェーダ施術者のための情報の提供
◆ メール相談(会員無料)
◆ 会員交流会
◆ アーユルヴェーダ事業者向け経営相談
◆ イベント・講習会の企画・運営  など

アーユルヴェーダ商品認定制度について

アーユルヴェーダのコーディネーター認定制度

生命の科学アーユルヴェーダのコーディネーター
認定制度について

2000年前の古典に記載されているアーユルヴェーダの定義、健康の定義にもありますようにアーユルヴェーダとは、幸福感を大切にする健幸法です。 アーユルヴェーダは、生き方の智慧ばかりではなく、死をも超えて連綿と続く生命を定義づけることで「生命の智慧」を教えてくれているものなのです。当協会では、アーユルヴェーダを「幸福な生のための生死の智恵」という考えのもと、多くの方にこのアーユルヴェーダをお伝えさせていただきたいと考えます。そこで、【生命の科学アーユルヴェーダコーディネーター認定制度】を設けました。
もっと詳しくみる

アーユルヴェーダ商品認定制度 イメージ写真

アーユルヴェーダ商品認定制度について

アーユルヴェーダが日本において健全な発展をとげ、その哲学がゆがめられることなく普及する為に、「商品認定制度」を設けました。 日本国内において、今後使用される、あるいは販売されるアーユルヴェーダ商材に関し、コンプライアンスを遵守すると共に、アーユルヴェーダの哲学に則った商品と、それ以外を差別化し、アーユルヴェーダの普及に努める事業者を保護支援するとともに、消費者に対し正しい情報を発信することを目的としています。
もっと詳しくみる認定商品一覧を見る

日本アーユルヴェーダ協会 会員募集要項

日本アーユルヴェーダ協会会員 イメージ写真

協会会員になるには

年齢(※)、性別、個人、団体(企業)に関わらず、アーユルヴェーダの理解と普及に賛同される方ならばどなたでもご入会いただけます。会員種別や会費、特典など詳細は、入会案内ページをご確認ください。

もっと詳しくみる

〜 新着情報 〜 What's New ?

●緊急告知●
Kansa Wand Japan 主催講座のご案内

日本初☆アーユルヴェーダとカンサワンド理論(基礎講座)、カンサワンド実技講座が始まります
(受講証明書付有料講座です)
開催日:
☆7月25日(月)
☆8月5日(金)

━━━━★━━━━★━━━━
講座開始にあたり、
カンサワンド講座説明会(無料)を行います。
日時:7月11日(月)
1回目 9時〜(45分程度)
2回目 15時〜(45分程度)

<内容>
カンサワンドについて
講座の内容
Kansa Wand Japan について
ご質問にお答えします。
参加費無料
ご参加には、申し込みが必要です。
参加申込先メール:カンサワンド無料セミナーへ申込む
━━━━★━━━━★━━━━
■講座説明会(無料)はこちらからご確認ください。
■7月8月の講座詳細はこちらからご確認ください。

日本アーユルヴェーダ学会

日本アーユルヴェーダ学会  公式HP

〜 お問合せ 〜 Contacts

NPO法人 日本アーユルヴェーダ協会
事務局:TEL 03−6665−6352
受付時間:平日10:00〜18:00
(土日・祝際日除く)
メール: kyoukai@npo-ayurveda.com
メールを送る
※お問合せの際は、お名前、ご連絡先も合わせておしらせください。